読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*オレンジの香りがするブログだ。

Undertaleの考察するよ。

Undertale考察 Charaについて ①

!Undertaleのネタバレを豊富に含みます!

 

 

こんにちは、orangeです。

 

第一回目のUndertale考察は、

Charaについてです。

CharaといえばGルートの最後に出てくるトラウマ、という認識が強いと思います。Asrielの親友でもありますね。

 

Charaはいろんな解釈、考察がされていますが、私も私なりの考察をしてみました。

他の方の考察なども踏まえて考えた部分があるので、足りない部分等は質問して下さって構いません。

 

まず端的に言うと、私は

CharaFrisk」とは思っておりません。

CharaCharaFriskFriskと考えております

 

まずCharaの過去について。

 

一番最初に落ちてきた人間であり、Asrielの親友。最初に名前をつける時に、

「落ちた人間の名前は?」

と聞かれるのでFriskであってもCharaであっても違いない文章なので、主人公の名前を付けた、とミスリードに繋がっていると思います。

棺桶に名前が彫られていて空っぽなのも、ミスリードに拍車をかけますね。

 

しかし一周目では誰も主人公の事を名前で呼びません。GAME OVERの時以外。

そしてTPルートでようやく主人公の名前が分かりますね。まさかのFrisk

真研究所でビデオを見る時に気付いた方もいるかもしれませんね。

 

過去についてですが、

 

Charaは地上であまり幸せで無かった事がAsrielの発言から伺えます。

そして、地下世界に落ちてきたばかりの時は精神面で不安定で自傷癖があったのでは?

そう考えるとTorielが刃物(ナイフ)を隠していたのも合点がいくと思います。

 

Charaは病気で亡くなった、というのは花の毒を使った単なる自殺と言うよりも人間に対する恨みをAsrielと組んで晴らそうとしたのでは無いでしょうか。

 

自分が死に、ソウルをAsrielが吸収し人間を滅ぼす為に。

 

しかし心優しいAsrielはソウルを吸収するも人間を傷付けようとはしなかった。つまり、Charaの死を棒に振ったのです。

 

ここでGルートでの「裏切り」になる訳ですね。

Floweyの「昔の事はもういいだろう?」というのはこの出来事を少なからず負い目として感じていたのでは無いか……と。

 

そして親友と分かっていても容赦なく殺す。

 

昔からおかしな子ではあった(Asrielのお墨付き)

のですが、ここまでするのはやはりプレイヤーの悪を貫くという「決意」から生き返ったからでは無いでしょうか。

 

2回目のGルートでは流石のCharaにもドン引きされます。善き道へ進め、と。

 

やはり虐殺を繰り返すような狂人では無いのでしょうね。根はいい子だと思います。多分。

 

今回の考察はここまで。

 

読んでいただきありがとうございます。

読みづらい点などもあったと思われますが改善していけたら、と思っております。

 

次もCharaメインの考察になると思います。

では。